FXに入金する証拠金について

FXに入金する証拠金の金額について

 

初めてFX取引をする場合、いくら入金するべきでしょうか?
FXはレバッジを効かせられるので、総取引の1/25で済みます。
しかしギリギリの金額では為替レートの変動で証拠金維持率が100%を割ってしまいます。
なので、FX口座に入金する金額は必要証拠金の5〜10倍が目安と言われています。

 

必要証拠金の計算方法について
FXは『証拠金取引』です。
証拠金とは『一定の保証金(=証拠金)を担保にして売買する』ということです。

 

FXでは100万円の取引をする場合、100万円を用意する必要がなく
わずかな資金で効率が良い取引ができるのです。

 

例えば、1米ドル=100円として計算してみましょう。
最低取引単位一万通貨のFX業者の場合、
100円×1万=100万円から取引ができますが
FXは最大25倍までレバッジが効きますので、
100万円の1/25の4万円が実際に必要な資金です。
ちなみに、最低取引単位が1000通貨の場合必要な証拠金はたった4000円です。

 

 

為替レート                最低取引単位
1米ドル=100円の場合        10.000通貨の場合

 

  100円×10.000通貨   =   取引総額は100万円

 

取引総額100万円 ÷レバッジ25倍(1/25)  = 必要証拠金40.000円
このようにレバッジが25倍なら取引総額の1/25が必要証拠金となります。

 

実際に入金する額は必要証拠金40.000円ならば40.000円の5〜10倍となります。

 

証拠金維持率とは

 

現在の取引金額に対する証拠金の割合のことで、
常に100%を割らないように気を付けなければなりません。

 

例えば上の例を参考にすると

 

為替レート1米ドル=100円(最低取引単位10.000通貨)の場合        
必要証拠金40.000円でレバッジ25倍で100万円を運用できますよね。

 

4万円(レバッジ25倍)=証拠金維持率100%となります。

 

1米ドル=100円のときに1万ドルは100万円に換算されますが
1米ドル=99円になると99万円となるので
1万円の含み損が発生します。
このとき必要証拠金は4万円から1万円減るので3万円になります。
そうすると証拠金維持率が75%になってしまうのです。

 

証拠金維持率が100%を下回るとFX業者から
『マージンコール』が通知されるので期限内に追証を入金しましょう。
それができず、証拠金維持率が50%を割り込むと強制ロスカットされ
損失が確定します。

 

 

結局FX口座にいくら入金すべき?

 

多くのFX業者が最低入金額を設定していませんが、実際はいくら入金すべきでしょうか?
100万円の取引の証拠金は4万円なので4万円でよいかというとそうではありません。
為替レートは1日の間で大きく変動するので1円動いただけで証拠金維持率が
100%を下回り追証が発生する可能性があるからです。

 

したがって、実際には余裕を見て必要証拠金の5〜10倍程度の資金を口座に入金するようにしましょう。
最低取引通貨が1万通貨の場合4万円×5倍の20万円〜
出来れば、4万円×10倍の40万円程度あれば多少為替レートが変動しても安心して取引ができます。